Parallel Worlds

Jaap van der Veen / Teylers Museum Prize for the Contemporary Art Medal

 2016年9月、第2回 Teylers prizeに私は再びノミネートされたとの知らせを受けました。"Teylers prize"はJaap van der veen氏の提供を元にTeylers Museumに2012年創設された賞でコンテンポラリーメダルの分野で優れた業績と今後の活躍が期待される作家を5年に一度、一名選出して表彰するものです。受賞者には賞金とTeylers Museumでの展覧会、カタログ出版が提供されます。

 私はこの栄誉ある賞を勝ち取ることができました。そして一年近い準備を経て2017年7月、展覧会と授賞式のためにTeylers Museumのあるオランダの都市Haarlemに行ってきました、そこでの経験は大変得難いものでした。ご尽力下さったすべての関係者の方々に感謝いたします。


 

 

What should a contemporary medal artist express?

How should a contemporary medal artist express?

Answers of the questions are exist probably more than artist's number.

However I thought in I had to prepare my answer for the exhibition of May.

So I designed a medal which symbolizes my method.

 

 

The method

I noticed that the real world are not just one, it's plural.

That's same as a medal has two world. 

 

We can't see both sides of a medal at the same time. We have to see that in turn. 

Therefore we have an illusion that's the world one continued.

 

So I designed the medal a double structure and both sides can be seen at the same time.

We'd be able to realize that our world is made from more than two real world.

 

 

My parallel world

 

The real world, 1

I'm making up with daily tasks as a routine.

 

The real world, 2

My garden. The world is ruled by a natural law.

 

The real world, 3

The world of medal art. I go to travel once per at least 2 years.

Everyone welcomes me and I meet a new adventure. I’m like a Harry Potter!

I can probably use magic. Because I'm a Harry Potter.

 

 

The theme

As there are two faces in a medal, it's one of the features that there is mentioning which is names of the eras in a medal.

I decided to express time by this medal.

That's about 5 years until it's nominated again this time after it's nominated as a candidate for the Tyler prize last time.

 

 

 

 

 

 

コンテンポラリーメダルアーチストが何をどのように表現すべきか?

その答えはおそらくアーチストの数だけあるだろうと思う。

 

しかし私は5月の展示において私なりにその答えを用意する必要があると考えた。

そこで私は私のメソッドを象徴するメダルを新たに設計した。

 

メソッド

私は現実世界は一つではなく複数存在することに気がついた。

それはちょうどメダルに表面と裏面の2つの世界が存在するのと同じだ。

 

しかし、大多数の人々はそのことに気がつかない。

メダルの両面は同時に観ることができない、順番に観るためそれは一つの連続した世界であると錯覚してしまうのだ。

 

そこで私はメダルを二重構造にして表面と裏面を同時に見ることができるようにした。

そのことによって世界は複数の現実世界が集まってできているものだということを実感できるだろう。

 

パラレルワールド

 現実世界その1

この世界で私は日常的なルーティーンとタスクをこなしている。

 

 現実世界その2

私の庭。この世界は自然の法則に支配されている、季節により様々な表情を見せる。

 

 現実世界その3

メダルアートの世界。少なくとも2年に一度私は旅に出る。そこでは私は皆から歓迎されてそして新しい冒険に出会う、まるで私はハリーポッターのようだ!

そして私は多分、魔法を使うことができる。なぜなら私はハリーポッターだから。

 

その他にも複数存在する現実世界はそれぞれが独立した法則に支配されている。そしてお互いに影響しあっている。

 

テーマ

私は前回タイラープライズの候補者としてノミネートされてから今回再びノミネートされるまでの約5年間を表現することにした。

 

メダルに年号等の記載があることはメダルに表と裏があるのと同様に特徴の一つである。


The Exhibition

The Award ceremony


Haarlem

Beelden aan Zee